岩手の大自然の中でのびのびと過ごす動物達に出会えるサファリパーク

天空のサバンナをコンセプトとした「岩手サファリパーク」は、標高200mの丘陵地の岩手の藤沢町に位置しています。園内はどうぶつランド、サファリエリア、ぞうの村と大きく分かれています。

やはり一番人気は動物の形が可愛い園内バス。ドライバーさんの案内を聞きながらのんびり動物エリアへの旅に出発。美味しそうにのんびりと葉っぱを食べるキリンやラクダたちがお出迎え。更に進むと今度は猛獣エリアです。

トラやライオンが近づいてくると、バス越しとはいえハラハラドキドキです。ホワイトライオンやチーターもいます。マイカーでも回ることができますが、時にはマイカーの上にライオンが飛び乗ることも。ライオンはじゃれているとのことですが、さすがに驚愕の光景です。

こちらのサファリパークはあまり手を加えていない自然の中でのびのび過ごしています。動物達は広大な敷地でストレスなく過ごすことができるため、動物本来の野生の姿を魅せてくれます。

バスを降りて、今度は歩いて「ゾウの村」へ。ゾウの村では、ゾウのショーを観たり、実際にライド体験もできます。ゾウの背中にのると、その高さに驚きです。乗馬とは違う、不思議な感覚にやみつきになりますよ。

どうぶつランドにはペンギンやカピパラなどがいます。また、ふれあい広場にいる動物はワオキツネザルとエリマキキツネザルがいます。自由にエサをあげることもできますし、触れ合って遊ぶこともできます。

またここにはワルツやサンバの曲に合わせて華麗なダンスを魅せてくれるフラミンゴショーがあります。その優雅な舞に心弾むことでしょう。

動物を楽しんだ後はショップに立ち寄ってみましょう。オリジナル商品から定番の岩手土産まで幅広い品ぞろえです。中でも子供達に人気のグッズがオリジナルホワイトライオンのぬいぐるみ。まるで子猫のように愛らしいその顔立ちは、ぎゅっと抱きしめたくなる可愛らしさです。サファリクッキーやキリンの首といったお菓子が人気となっています。

関連記事