海外&国内旅行のコストパフォーマンスは何を重視すべきか、そしておすすめの国は?

出来る限り旅行は安く、そしてゴージャスに楽しみたいものですよね。そこで、ここでは、旅行のコストパフォーマンスの良さとはどこを重視するべきなのか、そして、コスパの良い海外旅行先はどこかをご紹介したいと思います。

海外旅行のコストパフォーマンスはいくつかのポイントで見る

海外旅行のコストパフォーマンスとは、旅行費用だけを見るだけではなく、以下の点を見ることがポイントとなります。まずは、旅行にかかる交通費(海外旅行では飛行機や船代)、そして、現地でかかる滞在費(ホテルや買い物代)、それから時間と費用を総合して考えた際のコストパフォーマンスです。

海外旅行に行く際には、必ず日本は海を渡るので、飛行機なり船が必要となります。例えば、飛行機ですが、同じフライトで同じエコノミークラスであっても値段が異なることがあるので、これがどれだけ安く提供されているかでコストパフォーマンスの良し悪しがつきます。

さらに、物価が安い国では必然的に物価の高い国よりはコストパフォーマンスは良くなります。1番チェックしてほしいポイントが、値段は確かに安い航空券だけども、乗り換え時間が異常に長かったり、ホテルも安く良いレベルのホテルが取れたのに、中心地まで時間がかかったり、必ず交通費がかかってしまうのであれば、これはコスパが良いとは言いにくいです。

コストパフォーマンスの良さを判断する際には、この3つのポイントを見極めることが大事です。

コストパフォーマンスが良いおすすめの外国はどこか

では、海外旅行をする際に、どんな国がのコストパフォーマンスの良い国かといえるのでしょうか。トータル的なコストパフォーマンスの良さを抱えているのが、お隣、韓国(ソウル)です。

夫婦旅行が素敵な思い出となるためにできること

とにかくツアーや航空券の種類も豊富で安いですし、物価に関しても今は高くなってきたとは言え、日本よりは下、安い場所といのも必ずあるので、お得な買い物やご飯を楽しめます。

さらに、地下鉄やバスも網羅しているので、余計な出費や時間も省けます。そして、渡航費のコストパフォーマンスの良さで言えば、シンガポールです。世界の空港のハブとなっているだけあって、渡航パターンも多く、値段も他の東南アジア諸国より安いです。

ただし、物価は高いので、滞在費用に関してはコストパフォーマンスが良いとは言えません。他にも、香港は渡航費のコスパは良いですが、滞在費はやや物価が高めなので、コスパは良くないこともあります。

しかし、国自体が小さく、地下鉄やバスが通っているので、時間と利便性の面から見れば、コストパフォーマンスは良いといえるので、これらはおすすめの旅行国です。

旅行のコスト削減方法について


一時期、テレビのニュースや新聞などで話題となっていた「LCC」は皆さんご存知でしょうか?名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。

これは、様々なコスト削減などによって、比較的に安価で航空チケットを購入することが出来る航空会社のことです。では、どのようにコストを削減しているのでしょうか?安さの理由について考えてみたいと思います。

先ずはサービス面についてです。細かなサービスを停止することでコスト削減につなげています。飛行機といえば、ドリンクサービスや飴がもらえたりというイメージがありますよね。また、お子様の場合にはちょっとしたオモチャなどをもらえることもあります。

こうしたサービスを停止するのです。会社によっては、別途料金を支払うことによってこのようなサービスを受けることが出来ます。国内線でしたら、フライト時間もそう長いものでは在りませんので必要ないという方は良いですよね。

低料金で旅費を抑える

また、飛行機そのものを小さくすることで低料金を実現しています。ということは、座席数が少なくなったり1つずつの席が狭いという点があげられます。上と同じく、長時間ではありませんのでそんなに気にはならないかと思います。

安く航空券をゲットすることができれば、旅費そのものも抑えることが出来ますので良いですよね。デメリットといえば、空港のカウンターが端にある場合が多いので、アクセスがしにくい・分かりにくいといったところでしょうか。

利用の際は、少し早めに空港に到着している状態のほうが慌てずに済むと思います。また、こうしたLCCは人気のようですので、発売開始と共にあっという間にチケットが完売するという事も。

旅行の予定が決まっていてこのような航空チケットが欲しいまたは格安飛行機 予約したいと言う場合は発売同日・スタート時刻に合わせて予約をすることをオススメします。

特に、大人数で出かけるときはそれなりの枚数を予約することとなると思いますので、特にその方が良いでしょう。同行者全員で連絡を入れてみるという人もいるくらいなんですよ。

大手航空会社で満足のサービスやゆったりとした座席を選ぶか、それともLCCを使ってお得に旅をするか。それは自分自身のそして一緒に行く人たちの考えを基準に選んでいくと良いでしょう。

また、LCCの場合行き先がある程度限定的になっている場合も。利用したいと考えた時、目的地までの便があるかどうか早めにチェックしておくことをオススメします。

安上がり、気遣い無しコスパが良い満足な国内独り旅行

フラッと突然に独りで旅したいと思った方にはオススメな国内独り旅プランの提案です。最近は格安ツアーなど国内での旅行も手軽に申し込める時代になって来たと思います。

特に、ネットでの申し込みを活用すると大幅な割引プランがあるのでお得ですが、宿泊施設も今は充実しているのでここでカプセルホテルを提案したいと思います。都市部のカプセルホテルサービスの質の向上は目まぐるしいほどで、一昔前にあったカプセルホテルのイメージからは程遠いほど、現在は快適・便利になっております。

私自身、新宿駅付近に新しくオープンしたカプセルホテルと利用しましたが、割引込みで1泊朝食付き2980円でした。お風呂なども共同浴場でしたが、綺麗に清掃されており逆に銭湯みたいな大浴場施設を満喫でき、旅先の疲れも癒せ、快適に設計されたカプセル内ベッドも広く感じる空間で、普段ビジネスホテルを利用していたのが、次回もカプセルホテルに泊まろうと思えるほどでした。

連休を利用した1泊の新宿観光の旅でしたが、駅からのアクセスもよく観光地を回れ、普段の予定する金額より4割ほど出費が抑えられたと思います。ぜひ、フラッと思い立つような国内旅行プランにはコスパが良いカプセルホテルを体験してはいかがでしょうか。

様々な「ワケあり」を利用して、コスパの良い国内旅行を!

格安で旅行をするためには、様々なワケありを利用してみましょう。まずは交通費。交通各社の運賃は、時期やサービスによってまちまちで、安い時期や、手段にはもちろんワケがあります。

オフシーズンには運賃は下がりますし、早めに乗客を確保するために、早割の制度を設けているところも一般的です。飛行機だと、LCCを利用することで、不要なサービスを削って、コストをカットすることができます。

次にワケありの宿を探すことです。豪華な宿泊施設、人気の観光地の中でも、一部だけ格安で提供している部屋が存在する宿があります。理由は、その部屋だけ外の眺めが良くなかったり、時々電車が通るために騒音がある、等が挙げられます。

これらはデメリットではありますが、気にしない人にとっては、格安で利用できるというメリットの方が勝るわけです。

最後に食事です。旅行に行ったら、ご当地の美味しいものを堪能したいですよね。基本的に、食材はその産地や近い程、コストが下がりお得になります。

安く美味しいものを楽しむためには、漁港の近くまで足を伸ばしてみたり、自家製の野菜をそのまま調理して提供している宿を探すなど、ひと手間かけて探してみるのも良いでしょう。

コスパ良く国内旅行する方法!安く楽しむ3つのコツを伝授します

1.平日に旅行する

宿泊先の平日と休日の料金の差は一目瞭然です。高いだけでなく、そもそも予約が取れないなんてこともあったり。確実に予約を取り安く宿泊するためには、平日に旅行するのが最善の手段なのです。

少なくとも年末年始、御盆、ゴールデンウィークは必ず避けるべきです。この際、旅行の予定が崩れた場合に備えてキャンセルの期日もしっかりとチェックしておきましょう。

2.いろんなサイトでプランを比較する

宿泊先の公式サイトではなく旅行サイトを利用した方が安く済む場合が多数です。更に旅行サイトでは同じプランでも料金が違う場合があります。

楽天トラベル、じゃらん、Yahoo!トラベルなどの安心できる大手旅行サイトでプラン金額と内容の比較を行い、よりお得なプランでの予約を行いましょう。

3.ツアーはお得な時期以外は使わない

旅行代理店によるツアーは手数料のかわりに宿、移動手段の予約の煩わしさをすべて丸投げにしているわけですから、金額で言うならツアーは損ということになります。

ただしお得なキャンペーンを行っていたり、条件次第で非常にお得になる可能性もありますので一概に損とは言えません。これらとは異なり最初から破格の格安ツアーなんてものもありますが、安いからといって飛びついてはいけません。

特に移動手段、食事、ホテルの質や安全面に如実に現れてきます。ネットで検索すればいくらでも悪評ができます。特に格安のスキーツアー「キースツアー」でバスが転落した事故は有名なのではないでしょうか。

国内旅行では自分や一緒に旅するパートナーのためにも安さと質、つまりコスパを考えることが最重要なのです。